経営事項審査申請解説シリーズ⑮:評価項目W6「研究開発の状況」

W6の項目「研究開発の状況」については研究開発に投じた金額に応じて、26段階に区分された算出テーブルにより加点されます。

上限が100億円以上で「25点」、下限が0.5億円未満で「0点」です  

「研究開発費」については、審査対象事業年度及び前審査対象事業年度における研究開発費の額の平均の額が基準となります

「研究開発費」を計上できるのは、会計監査人設置会社のうち、会計監査人が当該会社の財務諸表に対して、無限定適正意見又は限定付適正意見を表明している場合に限られます。

よって、会計監査人が設置されていない場合は、研究開発費に投じた金額に関わらず加点はありません。


お問合せはこちら

お気軽にご相談ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です